サイン・看板の効果について!

皆様はサイン・看板等の屋外広告について、どのようなことを期待されているでしょうか?
当然といえば当然ですが、商品を知っていただくため、会社を知っていただくため、はたまた商品イメージ,会社イメージのアップのために屋外広告を検討されることがあるかと思います。
皆様は知ってましたか?屋外広告には、テレビ,ラジオ,雑誌等の他の広告にはない特性があることを!
皆様も通勤やプライベートなどで、車を運転している時,歩いている時に何気なく看板やサイン等の屋外広告を目にされていることと思います。この何気なく目にするというところにも、屋外広告の特性があります。

では、屋外広告の他の広告にはない独自性とはなんでしょうか?
それは、スケール効果,サブリミナル効果,ランドマーク効果といわれるものです。

スケール効果とは、屋外広告は他の広告媒体に比べ物理的に大きいため、スケールによる強いインパクトを見た人に与えることです。確かに大きい看板やサインは、印象に強く残ります。

サブリミナル効果とは、屋外広告が見た人の潜在意識へ刷り込まれることです。なぜそうなのか?屋外広告は、掲出(設置)期間が長く、かつその屋外広告に通勤や通学などで、定期的に接触する機会が多いのです。
しかも、ほとんどの人は何気なく無意識に見ています。この定期的に何気なく無意識に見ることで、サブリミナル効果、潜在意識への刷り込みが行われます。

ランドマーク効果とは、道案内的に「役に立つ」あるいは、「都市景観の重要な要素」などのことを言います。例えば、待合わせや、ある場所の説明をする時に、○○看板の前とか、××サインを右にまがった所とか使います。また、デザインの良い看板やサインは街のイメージ作りにも一役買っています。

このように屋外広告には、テレビ,ラジオ,雑誌等の他の広告にはない特性があります。
このような特性を考慮した上で、屋外広告をうまく利用してはいかがでしょうか。

トップページに戻る